第1253話

台所用せっけん――

雨の日、私が歩いた跡には、ぶくぶくと泡が立ってるの。
それを見て、きっと近所の子供たちが囃し立てるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です