裕子の小説置場☆

千葉の浦安に住むという巨大ネズミを探しに、旅に出た私……
最初から読む
      

第1279話

3月1

私は右手に持った芋に、かぶりついた。
結局、口に入ってしまえば、色なんてどうでもいいのよ。

Email will not be published

Website example

Your Comment: