裕子の小説置場☆

千葉の浦安に住むという巨大ネズミを探しに、旅に出た私……
最初から読む
      

第1282話

3月1

「べぇ! ぼうまもよ⁉︎」
焼き芋を頬張ったまま、男に顔を向け問いかけた。
男の顔一面に、焼き芋の粒がこびりつく。

Email will not be published

Website example

Your Comment: