裕子の小説置場☆

千葉の浦安に住むという巨大ネズミを探しに、旅に出た私……

第1291話

11月18

「なにわけわかんないこと言ってんだ、離せよ!」
「いいから! 黙っておろさせて!」
通りの真ん中で、取っ組み合いをはじめる二人。

第1290話

11月17

「いいから……」
男の腕に両手でしがみつき、袖に手をかけるわたし。
「だまって、おろさせてよ……」

第1289話

11月17

「おい、なんだ、どうした?」
男は踏みとどまり、袖を掴んだまま体重を預けてくるわたしを押し返そうとする。

第1288話

11月16

わたしは恐怖に駆られ、思わず男の袖に飛びついた。
ふいに腕を掴まれよろめく男。

第1287話

11月16

しかも、もし捲くり上げた袖の中で芋の粒が糊のように固まって、袖を下ろせなくなりでもしたら――

第1286話

11月16

あ――袖を捲っちゃった――
あのままだと、袖がガビガビになったことに気づかず、何日、いや下手すると何ヶ月も――

第1285話

11月16

「まったく、口の中にものを入れたまま話しかけるなよ」
男は顔を拭い終えると、ブツブツ言いながら袖を捲った。

第1284話

11月16

あ! その上着、あとでちゃんと洗わないと、芋で袖がガビガビになっちゃうわ!

第1283話

11月16

「うわっ、きったねぇなぁ!」
男は顔についた芋を、袖で拭いながら言った。